きょうこのみテナントは?名前の意味は?営業時間や全国初出店も

おすすめのお店

こんにちは。erikaです。

京都駅前地下街ポルタ内に、和洋菓子を中心に品揃えする

新しい「食」のゾーン『きょうこのみ』が

2021年7月7日(水)にオープンします。

今回は、きょうこのみについてまとめました。

きょうこのみの意味は?

きょうこのみは

和洋菓子を中心とする店舗がそろう

食のゾーンです。

(C)JR西日本グループ

地域の方や通勤・通学で京都駅を利用している方の「今日」に寄り添った

デイリー性の高い品揃えの店舗や観光やビジネスで京都を訪れる方に

「京都」を感じていただける京菓子を中心に取り扱う店舗があり

きょうは、「今日」と「京」がかけられています。

きょうこのみは

今日の好み、京の好みが見つかる場所です。

きょうこのみテナントは?

きょうこのみには

19のお店が出店しています。

きょうこのみにあるお店は以下のとおりです。

お店がたくさんあるので、あっという間に時間が過ぎてしまいそうですね。

このなかには全国初出店の店舗もあります。

全国初出店「ときのおかしや by Bijuu」

 「おたべ」や「京ばあむ」で有名な(株)美十がプロデュースのお店です。

(C)㈱美十


月替わりの期間限定で、季節やイベントに合わせたお菓子ブランドに出会うことができます。

行く度に新たな発見があり、楽しそうですね。

全国初出店「KYOTO SOUZEN」

KYOTO SOUZENではわらび餅とフルーツの新しい組み合わせの

スイーツを楽しむことができます。

(C)京西陣菓匠宗禅(有)

わらび餅で果実を包んだとろける食感のフルーツ大福。


フルーツには、いちご、パイナップル、バナナ、キウイもあります。

「果実とわらび」 税込540円~です。

全国初出店「天狗の横綱あられ」

ねじれたひねった形状が特徴の横綱あられです。

(C)天狗製菓(株)


定番の「ドレッシング味」に加え、「黒こしょう味」税込160円、

「白味噌仕立て」税込220円、「山椒仕立て」税込220円、「チーズカレー」税込220円など、

全10種類の味のバリエーションが豊富です。


さらにセットで買うと組み合わせ次第ではお得になることも。


例えば、3つセットは税込600円、5つセットは税込980円になります。

全国初出店「スミレさんのおやつ」

スミレさんのおやつはカステラのお店です。

(C)(株)鶴屋長生

スミレさんのおやつで作るカステラは

ふんわりシュワっとした軽い食べ心地のカステラで


定番のプレーンの他、抹茶やミルクティー、チョコレートを取り揃えています。

きょうこのみへのアクセスは?

京都駅前地下街ポルタ東エリアにあります。

ポルタはJR「京都駅」下車。烏丸東改札口出てすぐにあります。

(C)JR西日本グループ

京都市営地下鉄烏丸線ですと、京都駅直結しており

近鉄の場合、京都駅で下車で徒歩5分の場所にあります。

バスを利用される場合は、

京都市バス(水族館シャトルバス)京阪京都交通バス・西日本JRバス

「京都駅前」各バスのりばに直結しています。

ポルタは契約駐車場がないので、

車でお越しの場合は、近隣の駐車場を利用していただくことになります。

また、ポルタではサービス券の発行は行っていません。

きょうこのみの営業時間は?

きょうこのみの営業時間は

10時~20時30分までです。

お休みはポルタのお休みに準じます。

とっておきのお菓子を集めた「きょうこのみ」のオープンにより

京都駅地下街ポルタはさらにパワーアップします。

京都駅を日常的に利用される方はもちろん

京都へ観光に行かれる方も

ぜひ「きょうこのみ」の立ち寄ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました