FUJIYAMAタワーの高さは?利用制限とチケット料金、雨天営業も

娯楽の話

こんにちは。erikaです。

富士急ハイランドでは新アトラクション

FUJIYAMAタワーが2021年7月21日にオープンすることになりました。

今回はFUJIYMAタワーについてまとめました。

FUJIYAMAタワーの高さは?

FUJIYAMAタワーの高さは55mです。

富士急ハイランドの4大コースターのひとつ

FUJIYAMAの最高部が79mですので

それより少し低めになります。

FUJIYAMAが最初に到達するポイントでは

美しい富士山を眺めることができ、この絶景は

FUJIYAMAの点検担当者とFUJIYAMAに乗った人だけが見ることができました。

この絶景をおすそ分けしたいという思いから

FUJIYAMAタワーが完成しました。

FUJIYAMAタワーのアトラクション

FUJIYAMAタワーのアトラクションは全部で3つあります。

・FUJIYAMAスカイデッキ

 FUJIYAMAスカイデッキは、心行くまで富士山の絶景を堪能できる展望台です。

© FUJIKYUKO CO.,LTD.&FUJIKYU HIGHLAND. 

なんとこのスカイデッキはFUJIYAMAが目の前を通過するので、

アトラクションに乗車中の人とコミュニケーションが取ることができます。


絶叫が苦手でFUJIYAMAに乗れない方は展望デッキでFUJIYAMAに乗った

家族や友人の様子を見ることができます。

・FUJIYAMAウォーク

 富士山を眼の前に望む手摺のない吹きさらしの通路を、ハーネスを装着して周回します。

© FUJIKYUKO CO.,LTD.&FUJIKYU HIGHLAND. 

 通路を歩くというシンプルなアトラクションですが

 ハーネスがついているとはいえ、手すりのない狭い道を歩くのは

 ちょっと怖いです。

・FUJIYAMAスライダー

© FUJIKYUKO CO.,LTD.&FUJIKYU HIGHLAND. 

こちらはまだ準備中のアトラクションですが

 高さ55mのFUJIYAMAスカイデッキから地上まで

 一気に滑り降りる滑り台のようなもので

 爽快感とスリルを味わえます。

 

FUJIYAMAタワーの利用制限

 FUJIYAMAタワーは高層施設であることから、安全性の確保のため

 各種アトラクションに利用制限が付されています。

 利用制限については以下のとおりです。

 ・FUJIYAMA スカイデッキ・・・未就学児は中学生以上の要付添

 ・FUJIYAMAウォーク・・・小学生以下の方は18歳以上の方の付添が必要

 ・FUJIYAMA スライダー・・・小学生以下の方は18歳以上の方の付添が必要

未就学児も利用はできますが、かなり高さがあるので怖がる子が多いと思います。

また、高い所が苦手な方は無理をしないようにしましょう。

FUJIYAMAタワーのチケット料金

FUJIYAMAタワーの各種アトラクションのチケット料金は

以下のとおりです。

上記の金額は税込金額で価格は季節によって変動します。

FUJIYAMAスライダーについてはオープン日が未定のため、現時点では価格未定となっています。 

FUJIYAMAタワーのチケット購入方法

FUJIYAMAタワーのチケットですが

2021年7月14日(水)より

FUJIYAMAスカイデッキ、FUJIYAMAウォークのチケットが販売されます。

チケットはFUJIYAMAタワーの公式サイトで購入できますので

2021年7月14日(水)以降、FUJIYAMAタワーの公式サイトにアクセスしてみてください。

FUJIYAMAタワーの雨天時の運行は?

FUJIYAMAタワーは屋外のアトラクションですので

悪天候の場合、運行中止になる場合があります。

FUJIYAMAタワーの各種アトラクションの運行状況については、

FUJIYAMAタワー公式サイトよりチェックできますので

お出かけの前に公式サイトでチェックすることをおすすめします。

FUJIYAMAタワーへのアクセス

FUJIYAMAタワーの所在地は

〒403-0017 山梨県富士吉田市新西原5-6-1 です。

富士急ハイランド内にあります。

電車でお越しの場合

最寄り駅は富士急ハイランド駅です。

JR中央線の大月駅より富士急行線に乗り換えて

乗車時間約50分で到着します。

東京駅から富士急ハイランド駅まで約120分かかります。

お車でお越しの場合は以下のとおりです。

【中央道方面よりお越しの場合】
中央自動車道大月JCT経由、河口湖I.Cをおりてすぐにあります。


【東名方面よりお越しの場合】
東名高速道路御殿場JCTを、新東名高速道路新御殿場I.C方向へ進みます。

新東名高速道路新御殿場I.Cをおり、分岐を右方向へ折れ国道138号線を進みます。

東富士五湖道路須走I.Cからのり、富士吉田I.Cをおりてすぐにあります。

駐車場料金については第1駐車場の場合

普通車の平日料金は 1,500円、土日祝日料金は 2,000円 かかります。

RED・BLUE PARKING(旧第二駐車場)の場合

平日 6時~23時 300円/30分ごと(最大1,500円)

土日祝日 6時~23時 400円/30分ごと(最大2,000円) かかります。

FUJIYAMAタワーは絶叫系コースターとはまたひと味違った

スリルを味わうことができます。

FUJIYAMAスカイデッキに関しては絶叫系が苦手な方も利用できます。

富士山の絶景はおすすめですので

FUJIYAMAタワーへ是非一度行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました