声優佐々木望の東大受験理由は?学部は?ばれなかった理由と卒業後の活動について

未分類

こんにちは。erikaです。

幽☆遊☆白書の主人公浦飯幽助役など

数々のアニメキャラの声を担当している

声優の佐々木望さんが

2020年3月に東京大学を卒業していたことを発表しました。

在学中、業界の人たちには公表していなかったようで

ビッグニュースとなりましたが

今回は

声優佐々木望さんと東大受験についてまとめました。

佐々木望さんプロフィール

© 2021 Nozomu Sasaki

佐々木望さんは1967年1月25日生まれ広島県の出身です。

日本ナレーション演技研究所の2期生に特待生として入学。

声優になったきっかけは新人育成オーディションの受験を友人に誘われ

一緒に受けたことからだそうです。

1986年に声優デビューしています。


アニメでは「幽☆遊☆白書」浦飯幽助、「AKIRA」鉄雄、「銀河英雄伝説」ユリアン、

「MONSTER」ヨハン、「テニスの王子様」亜久津、「DEATH NOTE」メロ、

「からくりサーカス」ギイ、「無限の住人」天津影久、「うしおととら」蒼月潮、

「21エモン」21エモン、「ここはグリーンウッド」蓮川一也、「ガンダム逆襲のシャア」ハサウェイ

など

外国作品吹替では「ビバリーヒルズ青春白書」デビッド、「きかんしゃトーマス」エドワードなど、

多くの作品で主要キャラクターを演じています。

独特の存在感がある声で、熱血キャラからクールなヒール役まで

幅広い年齢・性格の役柄を演じ分けるのが特長です。


英語が得意で英語検定一級、全国通訳案内士資格を有しており、

同じキャラクターを日英両言語で演じることもあります。


多数のイベント出演、歌のライブ活動のほか、近年は舞台朗読、

オーディオブック、ナレーション、公演プロデュースなどにも活躍の場を広げています。

佐々木望さんが東大を受験した理由

声優として大活躍な佐々木望さん

なぜ、東大を受験しようと決めたのでしょうか?

佐々木望さんはかつて仕事がハードだったため声帯を痛めたことがあります。

声帯を痛めたことをきっかけに、

発声と演技について自分で自分を鍛え直すという期間がありました。

これらに関連する本は当時は和書より洋書の方が多くて

佐々木さんはもともと英語は好きで、わりと勉強してきてたけれども、

これはもっと読めるようにならないと、と思って、

声と演技の訓練も続けつつ英語もさらに勉強しました。

その勢いで、佐々木さんは英検(1級)と通訳案内士(英語)の試験にも

合格しています。

次のステップとして、大学の英文科みたいなところで

もう少し英語を学びたいと思うようになります。

最初は外国語大学で英語学科とか英文学科とかを探してたんですが、

センター試験には英数国社理といろいろな科目があるんだから、

今なにも英語だけに決め切る必要はなくて、

もっと大きなくくりで「大学で学ぶ」と考えていいんじゃないかと思ったそうです。

そして国立大学=東大という流れで

東大を受けることにしたそうです。

キャリアアップのためといった、仕事や人生にとって必要性があったから

という理由ではなく、

ただ自分でそうしたくて選んだこと」だそうです。

働きながら1年半の受験生活を経て

無事東大に合格されるなんてすごいですね。

佐々木望さんは東大○学部卒

東大は3年生より専門の学部に進むというシステムですが

佐々木望さんは

東京大学法学部(第一類)を卒業されました。

法学部を専攻しようと決めた背景には

こんなエピソードがあります。

1年冬学期に、文一生の必修で「法II」という授業があり

その講義を担当された先生のお話がとても面白かったとのこと。

普通ならお目にかかれないようなゲスト・スピーカーの先生方を

講義に招いてくれるなど、初めて知ることばかりで毎回とても刺激を受け、

感想を伝えしたくて、講義の最終回に教壇まで行って

先生にご挨拶したら

「本郷で待ってます」と、にこやかにおっしゃってくれたそうです。

法学部は本郷キャンパスなので

法学部においでという意味です。

この一言であっさりと法学部に決めたそうです。

東大通っていることがばれなかった理由

佐々木望さんは大学に行くことで声優業から離れるとか、

大学との兼ね合いで仕事を控えているとか思われたくなかったので

仕事関係の方々に東大に通っていることを言わなかったそうです。

あくまでも仕事優先で

余裕のある時間に大学へ通っていたそうです。

また、大学の同じクラスの人たちにも

声優をやっているとは伝えなかったそうです。

佐々木望さん自身はクラスメイトに伝えていないことに

気をとがめていたそうですが

クラスメイトたちはわりと早くから声優だと分かったそうなんです。

しかし、ネットを見ても佐々木望さんのプロフィールにその記載がなかったことから、

公表してないんだと察して黙っていたそうです。

ほかにも、授業の後にアニメ観てましたと話しかけてくれる生徒は

いたそうですが、佐々木望さんの普通の学生でいたいという気持ちをくみ取って

口外しなかったそうです。

さすが、東大生ですね。

佐々木望さんの今後の活動は?

2013年に入学し仕事と両立しながら7年かけて東京大学を

卒業された佐々木望さん。

声優業を控えて新たな活動をするのでは?と噂されましたが

こちらに関しては否定しています。

お勉強に関しては法律科目はお休みしているそうですが

新しくラテン語の勉強を始めたそうですよ。

英語といい、佐々木望さんは語学を学ぶのが

本当にお好きなようですね。

佐々木望さんの東大受験に関しては

年齢は関係ない、やりたいと思ったときが始めどきということを

教えてくれました。

東大声優として

佐々木望さんの今後の活躍が楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました