冬物のお布団を出したらお手入れしよう

こんにちは。erikaです。

冬支度をちょこちょこ進めています。

先日はストーブを購入しました。

夜は冷え込んできたので、冬物のお布団を出した方も

いるのではないでしょうか?

ずっと、奥にしまい込んでいるので

久しぶりにお布団をだしたら

汚れや臭いが気になったりしませんか?

私はとくに臭いが気になります笑

あとどこでつけたか分からない謎の汚れがついてたりしません?

お布団は毎日肌に触れる物なので

清潔にしてから使いたいですね。

今回はお布団の洗濯方法についてご紹介します。

洗濯の前に確認すること。

お布団は大物ですが、

種類によってはご家庭で洗濯することができます。

なので、まずは家庭で洗濯できるか確認しましょう。

洗濯機がお布団を洗う機能がついているのか?

お布団が家庭で洗えるお布団であるか?

ひとつめの洗濯機ですが

お布団を洗濯するためには

洗濯容量が8~10㎏は必要です。

そして洗濯機の機能に

大物洗いコースや毛布コースがあるか確認しましょう。

洗う際には洗濯ネットや洗濯キャップが必要な洗濯機もあるので

洗濯機の取扱い説明書の

お布団を洗う場合のページにて確認しましょう。

ふたつめの家庭で洗えるお布団なのかは

お布団についている洗濯表示で確認します。

主な洗濯表示は以下のとおりです。

画像お借りしました。

家庭用洗濯のマークに×がついていなければ、OKです。

布団を洗う前の下準備

お布団を洗う前にやっていただきたい下準備。

お布団を物干しにかけてホコリや髪の毛を叩いて落とします。

その際に汚れが気になる箇所を見つけたら

洗剤の原液を塗り、キャップの底でたたいてなじませます。

お布団はデリケートな素材が多いので

形崩れや毛玉を防ぐためのもおしゃれ着用洗剤

使用するとよいです。

お布団を洗ってみよう

下準備ができたら、実際に洗ってみます。

お布団をじゃばらに折りたたんで

お布団が入るサイズの洗濯ネットに入れます。

洗濯槽に入れて、洗剤を入れて

洗濯コースをお布団を洗う用のコースに設定してスタートです。

お布団は浮きやすいので

水がたまったら、いったん一時停止して

お布団を押し沈めて再スタートしましょう。

もし

ウチの洗濯機では洗濯できないという方

毛布に関しては浴槽を使って洗濯することができます。

じゃばらにたたんだときの毛布がつかるぐらいの水をはり

足踏みして洗います。

むかしの洗濯みたいですね笑

その後シャワーですすいで、1時間ほど浴槽に毛布をかけて

水を切ってから干します。

お布団を干すときは影干しで干します。

物干し竿2本を使ってM字にして干しましょう。

途中で裏返しにすると早く乾かすことができます。

乾かすまでに時間がかかるので

晴れていて湿度の低い日に干すといいですよ。

コインランドリーで洗ってみる。

ウチの洗濯機ではお布団が洗えない

手早く乾燥まで終わらせたい

洗いたいお布団がたくさんある

こんな場合はコインランドリーを使ってみるのもひとつの手です。

ただ注意したいのが

コインランドリーでも

洗えるお布団と洗えないお布団があります。

例えば洗えるお布団は。。。

・毛布

・羽毛布団

・合成繊維の掛け布団

・キルティグ加工の敷き布団

これらのお布団は洗うことができます。

反対に洗えないお布団は。。。

・羊毛布団

・木綿布団

・マットレス

・おねしょやペット汚れのついた布団

があげられます。

コインランドリーのお店によって

洗えるお布団、洗えないお布団は異なりますので

店頭で表示を確認したり、

事前にお店のホームページを確認するとよいです。

コインランドリーの乾燥機を使用する場合、

タンブル乾燥の洗濯表示になっているか確認するのも

お忘れなく。

宅配クリーニング

少し割高になってしまいますが

お布団を宅配クリーニングにだすという方法もあります。

宅配クリーニングのサイトより注文をすると

配送キットが自宅に届きます。

配送専用の袋にお布団を入れて宅急便で送ると

丸洗い・乾燥されてご自宅に届きます。

専用の洗剤を使用し、専用の洗浄機で洗うので

お布団の劣化を防ぐことができて安心ですね。

お布団を洗って、ベランダまで運んで干すのも

結構な労力を使いますしね。

このようにいろいろな方法をご紹介しましたが

寒くなってから洗うとなると大変です。

乾かすのも時間かかるので

今のうちから冬物のお布団の洗濯にチャレンジしてみては

いかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました