直木賞ノミネートの加藤シゲアキさんとはどんな人?

ていねいな生活

こんにちは。erikaです。

2021年の直木賞選考会が本日1月20日に行われます。

その直木賞選考会に

NEWSの加藤シゲアキさんがノミネートされました。

NEWSといえば、ジャニーズのアイドルグループ。

アイドルが小説家としても活動するのは珍しいですね。

加藤シゲアキさんとはいったいどんな人なんでしょうか?

加藤シゲアキさんはどんな人?

加藤シゲアキさんは1987年7月11日広島県広島市生まれ

アイドルグループNEWSのメンバーで身長は175㎝です。

現在NEWSのメンバーは3人で

小山慶一郎さんの身長は178㎝

増田貴久さんの身長は170㎝です。

メンバーの中でちょうど真ん中の身長ですね。

なんと加藤シゲアキさんは

青山大学法学部を卒業されています。

もともと文学がお好きだったのでしょうか?

子供のころから芸能界に興味があり

小学4年生のときにジャニーズ事務所へ履歴書を送ったところ

小学6年生のときに連絡が入りオーディションを受けました。

この2年間のラグはいったいなんなんだろうか笑

まもなく小学校6年生のときに

日本テレビ系の『怖い日曜日 友達のJ君』で俳優デビューを果たします。

ものすごいスピードの速さですね。

そして

2003年11月7日に

『NEWSニッポン』がバレーボールワールドカップのイメージソングとなり

NEWSとしてデビューします。

V6も嵐のデビュー曲もワールドカップバレーのイメージソングでしたね。

順風満帆なように見えますが

存在感が薄いということに危機感を感じていたそうです。

グループの休業であったり

メンバーの脱退を機に

自分の強みは何か?と考えたときに

書くことだったらジャニーズの誰よりもやってきたと

事務所へ小説家になる意志を告げて

小説家としての道を歩み始めました。

加藤シゲアキさんの本

2012年1月28日角川書店発行の

『ピンクとグレー』で小説家デビューを果たします。

幼いころに出会い親友になった二人は

雑誌の読者モデルをきっかけにバイト替わりの芸能活動をスタートさせます。

一方がうまくいくが、もう一方がエキストラから抜け出せず取り残され、やがて二人は決裂し。。。という青春小説です。

芸能界がテーマというところで

自身の経験をもとに生み出された作品なのではないでしょうか?

なんとこのピンクとグレーは

『世界の中心で愛を叫ぶ』で有名な行定勲監督

により2016年に映画化されています。

ほかにも

閃光スクランブル(2013年11月25日 角川書店 )

Burn. ―バーン―(2014年3月21日 角川書店)

傘を持たない蟻たちは(2015年6月1日 角川書店 )

チュベローズで待ってる(2017年12月12日 扶桑社 )

などが著書として挙げられます。

直木賞受賞候補作品は?

そして今回直木賞受賞候補となったのが

11月19日に新潮社で出版された

『オルタネート』

タイトルにあるオルタネートとは

作中にでてくるマッチングアプリをいいます。

このオルタネートが必須になった現代

トラウマから人付き合いにコンプレックスを抱える人であったり

母との軋轢を機に、絶対真実の愛を求め続けるオルタネート信奉者であったり

高校を中退し、かつてのバンド仲間の存在を求めて大阪から単身上京した人が

出会うことにより未来が加速する様が書かれています。

イラストはイラストレータの久野遥子さんが描いています。

久野遥子さんはルミネカードのポスターのイラストも描かれているそうですよ。

このオルタネートですが

直木賞候補となったこともあり

現在発行部数10万部を突破したそうです。

現時点では直木賞受賞の発表されていませんが

NEWSの加藤シゲアキさんが書く

青春小説

一度は読んでみたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました